リメリーの効果がない人

MENU

リメリーの効果がないと思われる理由

 

 

わたしもそうですが、結果的に良くない方法ではあったもののずっとお鼻のケアを続けてきた人たちは、やはり角栓に気がついたそのときにすぐに綺麗に治したいと思っていますよね?

 

 

 

それが原因で「リメリーには効果がない」と評価する方もやはりいらっしゃるようです。

 

 

 

わたしは購入前に口コミサイトなどを見ていたために知っていました。

 

そのおかげで諦めずに使い続け、綺麗な鼻を手に入れることができました!

 

 

 

だからこれからの購入を考えている方にもぜひ知っていてもらいたいのです。

リメリーが勘違いされやすい点とは?

 

従来の鼻の毛穴ケアは、使ってその場で結果が得られるものばかりでした。

 

爪で押し出す

 

 

毛抜きで引っこ抜く

 

 

専用器具で搾り出す

 

 

綿棒で絡めとる

 

 

パックで引っ張り出す

 

 

などなど....

 

 

その場で毛穴のごわごわがすっきりなくなるため爽快感はあるかもしれません。

 

 

しかしこれらの方法では肌表面の角質はボロボロになり、毛穴はポッカリ開きっぱなしで、潤いは失われます

 

 

 

なにより、すぐにまた角栓ができてしまいます...

 

 

 

 

しかし本当に悩んでいる方は、とにかく今この場から角栓を消し去りたい!!!!!

 

という気持ちから繰り返し繰り返しこの方法で角栓を除去します。

 

 

実はこれらは角栓を作るスピードを速めることにもなっているわけですが......

 

 

 

 

今までそうやって来た方がリメリーを使うと「効かない」と思いがちです。

 

 

なぜかというと、リメリーは使ってすぐに角栓が消え去るものではないからです。

 

 

リメリーに即効性がない?

 

リメリーはその保湿力によって鼻の毛穴を乾燥から守ります。

 

そうすることで、過剰な皮脂の分泌を抑制し、さらにはターンオーバーを正常化します。

 

 

リメリーはターンオーバーを正常化させ、繰り返しターンオーバーを起こしていく中で


肌を生まれ変わらせてくれます

 

その結果、毛穴の詰まりを古い角質として除去し、鼻ニキビも治癒します。

 

 

 

 

つまり、日にちをかけて肌そのものを改善させているのです。

 

 

 

 

肌を傷つけながら角栓を取り除く、目先のケアではないんです。

 

 

 

 

そのため、すぐに結果が欲しい方には効かないように思えてしまいます。

 

 

正直に言うと、すぐに結果が欲しい方にはオススメしません。

 

正しい使い方で、継続していかなければ効果はありませんので、無駄な出費です。

 

 

 

 

しかし、誰にでも緊急でケアが必要なときはあります。

 

そんなときにオススメの応用編の使い方をご紹介します。

 

 

緊急時のリメリーパック

 

どうしても明日のために角栓を除去したい!!

 

そんなときは、多少のダメージには目を瞑り、なるべく負荷をかけないようにケアをしていただきます。

 

 


オイルをたっぷり使って綿棒での角栓取りや、
オロナインをたっぷり塗って数分置いた後に毛穴パックをするなど、
なるべく毛穴に負担をかけないよう、毛穴を開いた状態で角栓を除去する。

 


しっかり洗顔し、お手持ちの化粧水でいつも通り保湿を行う。

 


コットンを化粧水で少し湿らせ、その上にリメリーを数滴~ひたっとするくらいしみ込ませ、
角栓を除去した部位に貼って5分ほど置く。

 


乳液・美容液等で蓋をする。

 

 

 

 

毛穴パック自体をオススメしませんが、どうしても必要なときにはリメリーを使って徹底的に乾燥から守りましょう。