いちご鼻の原因は角栓

MENU

いちご鼻とは?

 

 

 

「いちご鼻」とは、

 

毛穴に角栓が詰まり、毛穴が大きく開いてしまったり、毛穴が黒ずんでいたり、

 

毛穴がポツポツと目立っていてまるでいちごのような状態の鼻のことを言います。

 

 

 

 

いちご鼻の原因となるのは、

 

毛穴の詰まり、つまり角栓です。

 

 

 

 

過剰に分泌された皮脂や古い角質・メイクなどの汚れが毛穴に詰まると、角栓ができるといわれます。

 

また、間違ったケアや乾燥、紫外線などでターンオーバーが乱れると毛穴は詰まりやすくなります。

 

さらに、この毛穴に詰まった角栓が酸化することで、毛穴の黒ずみができてしまいます。

 

 

 

いちご鼻のNG項目

 

 

いちご鼻を悪化させる原因のNG項目を作りましたので、

 

自分の状態をチェックしてみましょう!

 

洗浄力の強いクレンジング剤や洗顔料を使っている

 

ふき取りタイプのクレンジングや洗顔シートをよく使用する

 

毛穴パックをよく使う

 

毛穴を絞って角栓を出すことがある

 

ヒリヒリと感じる化粧品でも使っている

 

夏、外出するとき意外はUVケアをしていない

 

温かいお湯で洗顔をしている

 

辛いものや脂っこいものが好きだ

 

睡眠時間が不規則

 

1日2回以上洗顔をしている

 

タオルを毎日変えてない

 

 

 

ひとつでも当てはまる人は今すぐケアの見直しをしてください!

 

いくらリメリーでしっかりケアをしても、間違ったケアや生活習慣では、なかなかいちご鼻はよくなりません。
正しいケアを心がけて、リメリーでしっかりケアしていちご鼻とさよならしましょう。

 

具体的にどういう点がNGなのか

 

 

さきほどのNG 項目の何がNGなのか、理由を理解していただかないと
また別のところでNG行動をとってしまう恐れがありますので、ちゃ~~~~んと読んでくださいね!

 

 

 

洗浄力の強いクレンジング剤や洗顔料を使っている
ふき取りタイプのクレンジングや洗顔シートをよく使用する
毛穴パックをよく使う
毛穴を絞って角栓を出すことがある
温かいお湯で洗顔をしている
1日2回以上洗顔をしている

 

顔の皮脂・油分の過剰な除去

 

皮脂は本来は、肌表面で潤いをキープするための膜を作るものです。
適度な量の皮脂は、肌にとって必要なものなんです。

 

皮脂を取りすぎてしまうと、肌は乾燥してしまいます。
乾燥を感じた肌は、さらに皮脂を分泌させてしまうことも...

 

だからといって放っておくのもNGです!
酸化した皮脂は肌によくありませんので、適切な量にしなければいけません。

 

洗顔は基本的には朝と夜の2回までにし、テカリがきになるときは、ティッシュなどでやさしく抑える程度にしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

毛穴を絞って角栓を出すことがある

 

逆効果の毛穴ケア

 

爪やピンセットや、角栓を取る器具を使って無理に毛穴の角栓を押し出す方法は、
毛穴周辺の皮膚を傷つけるのはもちろん、毛穴が開いて表面のごわつきが目立つようになってしまいます。

 

また、毛穴パックなどは角栓を抜き取るだけの強い粘着力によって肌表面の角質なども剥がれ落ちるため、
乾燥などのダメージをひどく受ける可能性があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒリヒリと感じる化粧品でも使っている
夏、外出するとき意外はUVケアをしていない

 

ケア不足のダメージ肌

 

これらは、肌に直接ダメージを与えていますのでもちろんNGです!

 

 

 

 

 

 

 

 

辛いものや脂っこいものが好きだ

 

皮脂の分泌を促進させる食習慣

 

皮脂や油分の分泌が過剰になる原因は避けたほうが良いです。
皮脂の酸化は黒ずみやニキビの原因になりますし、皮脂を除去するケアを行うことで
少なからず肌に負荷がかかります。

 

 

 

 

 

 

 

睡眠時間が不規則

 

肌再生を乱す生活

 

肌の再生間隔であるターンオーバーの乱れにつながります。
基本的な生活習慣はやはり正すことが望ましいです。

 

 

 

 

 

 

 

タオルを毎日変えてない

 

清潔でない状態

 

不衛生なことはもちろんNG!!
雑菌が増えたタオルで顔を拭くと、毛穴に菌が入って炎症の元になります!!!!!
いつでも清潔な状態を保つことが必須です!

 

 

 

 

 

 

 

これらに当てはまる方は、リメリーを使っても効果が出ないかもしれません。
まずは基礎ケアを正す必要があります。